') ?> 医療・福祉資格試験ガイド

医療・福祉資格試験ガイドへようこそ

医療系資格試験,福祉系資格試験,などに関する情報を提供しています。


医療・福祉資格試験ガイド項目一覧


最新記事
福祉系の資格にはどんな種類がある?

福祉関係の資格は、近年、人気が高まってきており、福祉系資格試験の受験者も増加傾向にあります。

 高齢化社会の進行にともない、求人の状況が安定していることや、やりがいのある仕事であることなどが大きな理由だと思われます。

 
 では、福祉系の資格試験にはどんなものがあるのでしょうか?

 福祉系の主な資格には、

・福祉に関する相談に乗り、必要な援助・指導を行うスペシャリストである社会福祉士(ソーシャルワーカー)

・介護が必要な人に対して、入浴や排泄、食事などの生活上必要な介護を行う専門職である介護福祉士(ケアワーカー)

・精神保健福祉士

などがあり、この3つはいずれも国家資格となっています。


 その他の福祉関係の資格には、介護支援専門員(ケアマネージャー)、介護アテンドサービス士、福祉住環境コーディネーター、介護食士、痴呆ケア専門士等、民間・公的資格含めて、いろいろな資格があります。


 また、福祉関係の職業とは言っても、介護職員や指導員、作業員、事務員などは、必ずしも資格がなくても働くことは可能ですが、就職の際は、資格を取得している方が有利と言えるでしょう。

 

医療系の資格にはどんな種類がある?

 医療系の資格試験は、ずっと人気が高い分野のため、多くの人が受験しています。

 では、医療系の資格試験にはどんなものがあるのでしょうか?

 医療系の資格試験は、おおむね、国家試験であるものが多くなっていて、医師、薬剤師、保健師、看護師、救急救命士、歯科衛生士などは、スタンダードな医療系の国家資格です。

 その他にも、診療放射線技師、臨床検査技師、理学療法士、あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師などなど、医療系の資格の種類は様々です。

 福祉に対する社会的関心の高まりや、高齢化社会の進行に伴うニーズの増加などで、医療系の資格は、今後も人気が継続するものと思われます。

 

激安通販ショップ PICKUPサイト